中国輸入のセミナーへ行ってきましたが

LINEで送る
Pocket

今日、某中国輸入のセミナーへ行ってきました。

私はノウハウコレクターではないので、セミナーに行くとしても、いろんな人のところにたくさん顔を出してつまみ食いするというわけではなく、必要なところだけお金払ってまずはその払った分だけの学びを得ることを目的にしています。

今日行ったセミナーは、普通に中国輸入してAmazon.co.jpで売りましょうというものではなく、アメリカやカナダ、つまりはAmazon.comやAmazon.caで販売するためにはというテーマのものでした。

考えてみれば、Amazonの市場は、

日本では推定1兆8000億円→出典 (ただし日本事業の公式的な数字は発表されていないので推計)

に対して、

北米(アメリカ・カナダ)では903.49億ドル(約10兆円)→出典

と市場規模が大きいですから、日本だけでなく北米を狙うという手もありますね。

ほかにもEC化率が低いですが、東南アジアへの道もありますが。

あちらはAmazonがなく中国のアリババが出資しているLAZADA (リンクはマレーシアサイト)ですか。

北米Amazonで日本の出品者が販売する場合、現状売上金を日本の銀行口座へ振り込めないので、普通にやる場合はPayoneerWorldFirstあたりを経由してとなるのでしょうが、私の場合はこれらのサービスを使わなくてもいい道を認識しているので、それらのサービスでかかる手数料(少なくとも2%)分は多く得られそうですね。

問題は私が英語は読めても、話し・書きが下手なことか(笑)

LINEで送る
Pocket

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする