プリペイドSIMカードのAmazonにおいての取り扱いの完結編

LINEで送る
Pocket

過去2回に渡って、

プリペイドSIMカードがAmazonでは”金券”扱いで倉庫へ納品できない!?

プリペイドSIMカードのAmazonにおいての取り扱いの続き

と取り上げてきたプリペイドSIMカードについてですが、Amazonから最終回答が来ました。

太字がAmazonからの回答部分です。

お問い合わせいただきました、プリペイド型SIMカードの納品についてお調べいたしました。

前回までのご案内では、B010LI7MQKは納品できず、B01CB2U7QQは納品可能、といった旨をお伝えしておりましたが、これが誤りであることが確認できました。

余計にお手間をいただくこととなり、申し訳ございませんでした。

B010LI7MQK と B01CB2U7QQというのはAmazonにおける商品コードで、

前者は、【中国移動香港】4G/3G 中国・香港10日間1.5GBデータプリペイドSIM [並行輸入品]

後者は、インターネットイニシアティブ IIJmio JAPAN TRAVEL SIM 2GB(nanoSIM) IM-B106(N-TRAVEL)

です。



担当部署へ再確認したところ、B010LI7MQK・B01CB2U7QQのどちらとも、プリペイド型SIMカードに該当するため納品不可となります。

B01CB2U7QQの納品済み在庫や、その他プリペイド型SIMカードの納品済み在庫につきましても、担当部署にて順次対応させていただく次第でございます。



また、「SIMカードは現金化の目的で所有できないため、当該規約にて規制すべきではないのではないか」とご意見をいただいておりました。

たしかに現金化という懸念も否定できませんが、担当部署へ確認したところその他複数の観点からプリペイドSIMカードを禁止させていただいております。

当サイトでは規約を取り決める背景まで公開させていただいておりませんが、商品知識無く事務的に納品を制限しているものではなく、必要な制限であると考え、プリペイド型SIMカードの納品を禁止としておりますことを、何卒ご理解賜れますようお願いいたします。



前回お話させていただいたように、私共としてはご購入者様のニーズに対し、極力高品質の配送を、高品質の窓口対応をと考えており、そのためにも極力多くの商品出荷をFBAにお任せいただきたいと考えております。

どうしても現段階で納品いただけない商材もございますが、より多くの商材をお預けいただけるよう継続してサービス拡大を図ってまいる所存でございます。

本件、すぐにご要望にお応えできず心苦しい限りでございますが、ご容赦いただけますよう改めてお願いを申し上げます。



なお、Amazon倉庫を介さない「出品者出荷」の形態であればAmazonサイト内での販売が可能でございます。併せてご検討いただけますと幸いでございます。

ということで、Amazonへは出品できるけれども、Amazon倉庫(FBA)へ納品してプライムを使うことはできないという判断です。

急にこのような判断に振れたのは、あくまで推測ですが一部正規キャリアからの苦情が入ったのでしょう。だからAmazonとしては積極的に扱いたく商材ということでしょう。

(といっても日本のMVNOのプリペイドSIMはAmazon自身が継続してやるんでしょうけど)

Amazonのプライムが使えず、自社発送(出品者出荷)になるデメリットは次のようなことが考えられます。

  • 最短注文当日の受取ができず、早くて注文2日目(業者の発送が早ければ)、少なくとも注文3日目以降にならないと届かないのですぐに欲しいという需要に応えられない→日本のSIMであれば家電量販店で入手できますが、海外SIMであれば急ぎの場合現地に着いてから買うしかなくなる
  • ローソンやファミリーマート等のコンビニ受取ができない→例えば一部空港のコンビニで出発前に受取という選択ができない。しかもSIMカード出品のAmazon FBA手数料が現状246円なので、郵送費をそれ以下に抑えないと意味がないので、宅急便などではなくゆうパケットのようなポスティング配送になる

となるので、事前に準備しない人は負けですね…。

一旦、SIMカードのAmazon出品は休止

現状、私の店舗であとSIMカードの在庫が全部で50枚くらいあるのですが、SIMカードをAmazon出品するのは休止しようと思っています。

何度も書くように、今後も自社発送すれば販売できる道はありますが、例えば私が扱ってきた香港や中国大陸のSIMはほかの販売者がどんどん相乗りしてくるので、利鞘は正直薄いです。

一時期、1枚売って1,000円利鞘稼いでいて、これだけで月数十万儲かったということがありましたが、それはいろんな幸運が味方しただけで、後ろから相乗りされたらやっぱり意味がないです。

1枚売って100~いいところ500円。例えば月間300枚売ったとして、最高で15万円。

でも、自社発送しなければいけないので、その部分の労働コストがかかるのでそれがいいかというと、私は割に合っていない。

以上の点と、これから私のビジネスも悪い部分をスクラップして再構築しなければやっていけません。

そのために、これからどんどん新しい展開を生まなければいけませんので、Amazon販売自体も大きく見直さなければいけないです。

正直言うと、Amazon販売の第1章としてはおしまいかもしれませんね。

LINEで送る
Pocket

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 小林隆弘 より:

    この件は私も前から気になっていたのですが、現金化というよりも、倉庫に置いておくと紛失しやすい(盗まれやすい)ので管理上ハイリスクということなんでしょうかね。
    また、届いたのに届いてないと言って返金または再送させるリスクもあがるでしょう。
    もし扱うならその辺を含めてちゃんと体制を整えないといけないだろうな、と推察しています。