プリペイドSIMカードのAmazonにおいての取り扱いの続き

LINEで送る
Pocket

前回、

プリペイドSIMカードがAmazonでは”金券”扱いで倉庫へ納品できない!?

という投稿をした後に、Amazonのテクニカルサポートへ問い合わせていたのですが、回答が届きました。

プリペイドか否かのAmazon.co.jpでの判断は、料金先払い式か否かという点が基準となります。

SIMには、 1)携帯に差し込み使用料金を後払いするものと、 2)たとえば3000円分使えるカードを購入し、その金額内でしか使用できないものとあります(テレホンカードのようなものです)。

そのため、 2)は以下の禁止ページにあるプリペイド式商品類に該当し取扱い不可となります。



https://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/display.html/ref=help_search_1-1?ie=UTF8&nodeId=200314960&qid=1444277644&sr=1-1&referral=A11FI81ZQJV66J_A1GXXWZK8R6O3P



取扱い不可商品として掲載されているものは納品されない前提となりますので、仮に出品者様判断で納品されると倉庫で気づかない限りは在庫化されてしまいます。

このため、後日商品の調査が行われた際には、 2)に該当していると納品停止となります。

——————————————————-



当方にて確認させていただきましたところ、B010LI7MQKは、1,5GBの設定があらかじめあるため 2)に該当し不可、B01CB2U7QQは 1)に該当し、可となります。

あらかじめ使えるGB数(料金)が設定されているSIMがプリベイドと同等と判断される規定ということとのことでした。

B010LI7MQK と B01CB2U7QQというのはAmazonにおける商品コードで、

前者は、【中国移動香港】4G/3G 中国・香港10日間1.5GBデータプリペイドSIM [並行輸入品]

後者は、インターネットイニシアティブ IIJmio JAPAN TRAVEL SIM 2GB(nanoSIM) IM-B106(N-TRAVEL)

です。

前者は10日間で1.5GB使えて、後者は90日間で2GB使えるSIMカードで、どちらもAmazonの暫定判断で行くと2)のはずなのですが、

後者はAmazon倉庫(FBA)納品が禁止されていません。

この法則で行くと、国内外のプリペイドSIMカードと名のつくものはAmazon倉庫へ納品はできず、全て自社発送で対応するしかありません。

それでも販売を禁止されているわけではないのだから、別にムキになる必要はないだろうという考え方はありますが、Amazon倉庫へ入れる→Amazonプライムが使えて、納品先倉庫から近い送付先であれば最短当日に配送可能なのに、自社発送となると手渡しでもしなければ購入当日にゲットするのは不可能ですし、必要以上に配達日数がかかり、Amazon利用者の利便性を損なっています。

プリペイドSIMカードは、”プリペイド”と名前がついているがゆえに、商品詳細の見極めを行わず(事実知識がない状態です)、しかも

同じプリペイドSIMでも判断がバラバラ

というワケの分からなさとなっています。

私が言いたいのは、プリペイドSIMカードがAmazon倉庫へ納品できなくなって、商売上がったりだ!と怒っているのではなく、判断がバラバラで中途半端だからおかしい

ということですね。

対抗アイデアはありますが、もしかしたら同業の方が見ているかもしれないのに、わざわざここで発表するものではないですね(笑)

LINEで送る
Pocket

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする