外国人向けプリペイドSIMカードにポストペイド型プランをつけてみました

LINEで送る
Pocket

私の会社では、2015年5月頃から、日本へ渡航する外国人(まぁうちの場合は100%中国人)に対してSIMカードを販売しています。
 
実績としては、昨年の1年間(実質8ヶ月)だけでも4桁の販売数を出してきました。
 
残念ながら、明らかに薄利多売の旅行者向けの短期間SIMでは勝負になっていない現状ですが、競合が非常に少ないやや長期のプリペイドタイプのSIMを主に販売しています。
 
実は扱っているSIMは最初はプリペイド式なのだけど、クレジットカードで支払うことによってポストペイド式に変更することができます。
(そこから再度プリペイドへ戻すことはできません)
 
最近、そのポストペイドの仕組みを利用して、従来31日間利用可能で、チャージすることでプラス30日できるSIMを、
  • 61日プラン(31+30日)
  • 91日プラン(31+60日)
  • 181日プラン(31+150日)

の3種類から選択してすべての費用を先に前払いしてもらうことにより、少し長期で顧客を囲い込みに行くように新プランを組みました。

(一応、仕入元にはプランを作るという許可は得てあります)

もともと、期間を延長するには、プリペイド式であればコンビニエンスストアへ行って端末を操作して現金で支払うか、持っているクレジットカードで1回払いするかの2つのうちどちらかでチャージする必要がありましたが、その必要もないという利便性はあります。

この仕組みですが、さすがに本人認証を厳格に行わなければならない音声通話対応のSIMではできないので、データ通信のみ対応(かつ1日あたりの高速通信容量制限あり)になりますが、

出してまだ数日。

意外に問い合わせが来ています。

9月が近づいているので、留学生(何も大学生とか限らず高校生とかもいるんですよ・・・)関係、あとは技術実習生的な人は囲い込めそうです。

この仕組み、プラン適用期間以外は縛りはない(プラン途中で一時停止不可、しようとしてもお金は返金しません)し、更に利用する場合は1ヶ月単位で期間延長できるようにしています。

(契約満了○日前までに継続連絡がなければ、こちらは解約申請をする権利を持つという説明はしています)

このように、地味に小銭を得て積み上げることで、会社が成長できればいいなぁという試行錯誤ですね。

LINEで送る
Pocket

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする