銀聯カードを使った引き出し経費を抑えるために

LINEで送る
Pocket

以前、コンビニATMの海外発行カードの1回あたりの引出限度額が引き下げ という投稿をしました。

コンビニATMで銀聯カードを使った引き出しは、セブン銀行・ローソンATMが1回あたり5万円までの引き出し制限。

イーネット(ファミリーマートなど)が4万円までの制限。

その後も、ゆうちょ銀行に制限がかかり、7月になってイオン銀行・東京三菱UFJ銀行・三井住友銀行のATMにおいても1回あたり5万円までの制限がかかりました。

主要銀行で、残る砦はみずほ銀行になりますが、規制がかかるのも時間の問題でしょう。

※7/16追記: みずほ銀行でも17日から規制がかかることになりました

理論上は銀聯カードは1日あたり1万元(投稿日時点で約15万7000円)相当の日本円を引き出すことは可能ですが、

例えば15万円を引き出すために、5万円ずつの引き出しを3回行うと、

中国の銀行側手数料+日本のATM手数料(概ね1回75~110円)のダブル請求が3回も取られます。

そんなに取られてしまっては手数料がハンパない!でも?

cf: 中国においての銀行キャッシュカードの作り方 中国においての銀行キャッシュカードの作り方 その2

例えば、今まで手数料が安い安いと言われていた華夏銀行のキャッシュカードを使って、15万円を引き出した場合、

中国側手数料: 24元(約377円、1日1回は手数料無料だが、2回目以降12元/回)

日本側手数料: 225~330円

ということで、600~700円程度の手数料負担となります。

15万円も一気に引き出さないで、我慢して1回5万円で抑えられるなら3日間に分けて、中国側手数料0+日本側手数料225~330円にするのも手ですが(笑)。→7/16追記: もうそうするしかなくなりました(笑)

どうしても、10万円以上を(今ならみずほ銀行で)1回で引き出したい場合、どうしましょう?

結局は、手数料が安い中国の銀行口座を作るしかありません。

中国側引き出し(両替)手数料が安いところを探る!

各銀行の手数料をどうやって調べるの?と疑問になるところですが、インターネットユーザーから集めた情報をまとめたデータベースがちゃんとあります。 

cf: 银联借记卡境外ATM取现发卡银行手续费一览表

この表のATM取现(現金引き出し)が免费(暂免)になっているところがATM引き出し手数料です。

atmfee01

例えば、華夏銀行。

银联卡(銀聯カードの一般カード)で、

「每天第1笔免费、超出12元/笔」(毎日1回目無料、以降12元/回)

と表記されています。

これをもとに探るのですが、ちょっと気になる点が…。

中国国内の地名に詳しい方であれば、気付くかもしれませんが、

とてつもなく地方銀行が多いです・・・。

そんな中で、上海を基準として、作れそうな銀行。

  • 恒豊銀行 (ATM手数料無料)
  • 寧波銀行(の上海支店、上海各地に支店あり、ATM手数料無料・ただし1日10回までの引き出し制限)
  • 浙江泰隆商業銀行(上海各地に支店あり、ATM手数料月8回まで無料)
  • 渤海銀行(上海各地に支店あり、ATM手数料月3回まで無料、4回目以降12元/回)
  • 浙江稠州商業銀行(上海各地に支店あり、ATM手数料月3回まで無料、4回目以降12元/回) →私この銀行は既に口座があります(笑)

ちなみに、ちょっと面白いのは金華銀行という浙江省の地方銀行。

手数料無料ではないですが、2元/回。

少額をこまめに引き出すのであれば、悪くない選択です。

次回、中国へ行ったらまた何枚かキャッシュカード作ってこようと思います。

LINEで送る
Pocket

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 小川武 より:

    ブログのほう楽しく拝見させていただきました。
    仕事で当面中国に住むことになりそうなので増山さんのタオバオの店で買い物させていただきたいと思います。

    増山さんのお店を是非ご紹介ください。

    小川武