コンビニATMの海外発行カードの1回あたりの引出限度額が引き下げ

LINEで送る
Pocket

例えば銀聯カードの場合、1日あたりの引き出し限度額が1万元(現在のレートで約16万2千円)となっていて、コンビニATMにおいても複数回操作すれば多額を引き出すことは可能ですが、その都度カードに定められた手数料+日本側の手数料が1回ずつかかります。

もう海外発行カードを使って多額の引き出しをすることは不可能なのか!?

コンビニATMだと、ATMメンテナンス時間を除きほぼ24時間好きな時間に引き出しができるので便利ですが、多額の手数料を払うとなるとちょっと・・・と思うかもしれません。

対策は・・・、またあります。

例えばゆうちょ銀行。

こちらも先日、偽造された海外発行カードでの不正引き出し被害に遭いました。

cf: 海外発行カードの偽造による不正引出し報道について (ゆうちょ銀行)

しかし、今日の時点では制限について言及はありません。

cf: ゆうちょATMのご案内

yuchoatm

都市銀行ATMなら!

念のため、私はみずほ銀行、三井住友銀行、東京三菱UFJ銀行、イオン銀行の4行のコールセンターに電話をかけて、その旨確認しましたが、いずれも

限度額については銀聯カードさんが定めたものとなっていますので、詳細は銀聯カードさんにお問い合わせください。

という回答。

つまりは銀行独自に制限は現状かけていないと解釈できます。

なお、1回あたりの他行カードを使った引き出し限度額は以下の通りです。

  • みずほ銀行: 100万円
  • 三井住友銀行: 200万円
  • 東京三菱UFJ銀行: 99.9万円
  • イオン銀行: 99.9万円

LINEで送る
Pocket

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする