セブン銀行ATMの海外発行カードの1回あたりの引出限度額が引き下げ

中国ネット規制回避の切り札のVPNサービス【ワンコインVPN】
中国ネット規制回避の切り札のVPNサービス【ワンコインVPN】

【AD】1週間の無料お試し付き!1ヶ月ワンコイン500円!半年2,800円・1年5,000円。増山智明からの紹介(ポート番号:30274)と記載して半年以上の契約を申し込むと1ヶ月有効期限サービス!

Pocket

今日、私の同業の方のFacebook投稿で、

「銀聯の引出し限度額が制限された」

という内容を見ました。

実際、私自身セブン銀行(つまりはセブンイレブン内のATM)で銀聯の各銀行キャッシュカードを使っていました。

ウェブサイト上で、こっそり1回あたりの引出限度額が変わっていた!

早速、真相を探るべくセブン銀行のウェブサイトを見ました。

7f1

確かに、1回の引出限度額が5万円とされています。

念のため、同ウェブサイトのキャッシュ(このブログ投稿日2日前の2016年5月27日収集)を見ると、

7f2

海外発行カードでの1回の引出限度額は10万円です。
ただし、銀聯カードのみ1回の引出限度額は20万円です。

と記載されていました。

実は5月28日から引き下げられていた!

セブン銀行のプレスリリース(PDF)で、2016年5月28日からの引き下げを発表していました。

14億円不正引き出し事件が大きく影響か?

プレスリリースによると、「当社のATMを使った犯罪を防止するため、国際基準に則ったIC カード対応や、システムによる取引の監視などをすでに実施していますが、犯罪対策を より一層強化する方針の下」と記されています。

具体的な件を示唆していませんでしたが、5月15日にセブン銀行ATMで100人以上の出し子によって、日曜日の午前5時過ぎからの3時間で1400台から14億4000万円の不正引き出しがあった影響と思われます。

cf: 14億円不正引き出し 「出し子」は100人以上か (NHK)

他行ATMでは当面は変更なし?

気になって、他のATMの情報を確認してみましたが、セブン銀行同様のコンビニATMで外貨引き出しを提供しているローソンATMのウェブサイトでは、「1回の引出限度額は20万円です。」と依然記されているので、当面は変更がないと推測されます。

【正規日本語版】 中港8日 ( 中国 本土31省 香港 8日間 データ通信 専用 プリペイド SIM カード 4G対応 無制限 使い放題 )
【正規日本語版】 中港8日 ( 中国 本土31省 香港 8日間 データ通信 専用 プリペイド SIM カード 4G対応 無制限 使い放題 )

【AD】香港・中国大陸へ行く時に便利なデータ通信用データSIMカード。中国大陸でもFacebook・Twitter・Instagram・Google・Gmail・LINE等の規制サービスへの通信が可能。8日間で無制限使い放題(2GBを超過すると速度制限)!有効期限・高速通信容量チャージ可能!日本語説明書付なので初めての方でも安心!旅のおともに是非1枚!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする