日本商品をネットで買いたい中国人が気にしていること~レシート~

LINEで送る
Pocket

日本で買物する時、たいていの店ではレジでレシートもらいますよね。

でも、コンビニのレジ台の下あたりにたいていレシート用のゴミ箱が置いておりますが、とても大量のレシートが捨てられています。

実際、私も仕事に関係するレシートはちゃんともらって当然保存しているのですが、私用のレシートはあまり保存しません。

一昨年、中国から日本へ帰ってきたばかりのことは、どれくらいの生活費が必要か把握するため、一時期家計簿アプリを入れてレシートを持っていましたが、大量のレシートに埋もれるのはあまり良い気はしないですね。

ということで私用のレシートはもらわないか、その場でゴミ箱に捨てています。

こんな話を中国人が聞いたら、まず

「お前、バカでしょ」

と言うでしょう。

彼らは、中国で生活する中で、他人をハナから信用していません。

よって、どこの店で買物する時は、必ずレシートをもらい、その場で表示されている価格と精算した価格が間違っていないか、お釣りを誤魔化されていないかを確認します。

それと並行して、必ず紙幣の真贋は確認します。

中国では偽札を使って、即時に罰せられることはほぼなく、”ジョーカー”を誰かに渡せば勝ちです。

中国のインターネットショッピングでは、紙幣の真贋は関係ないですが、レシートとか領収証の類は非常に気にします。

可以給小票吗?(レシートくれる?)

20101017_c43691c4283c5e7f8314bMeLwGiIYvRw

最近の日本では、以前に比べると「領収証ください」と言う度合いが減ったように感じます。

というのも、レシートが領収証の機能を兼用することが多くなりました。

従来の領収証だと、宛先「上様」、内容「お品代」などとなっていて、実際何に消費したのかよく分かりません。

特に私のように事業やっていると、こういう曖昧なことを繰り返していると税務署に目をつけられないとも限りません。

一方、最近のレシートは「取引の年月日」「取引相手の名前(店舗名)」「取引の金額」「購入した品物の名前」の全てが記載されているので、むしろレシートのほうが信頼性が高くなっています。

一方の中国も最近では、レシートにもだいぶ事細かな記載がなされてきているので、レシートが兼領収証になってもいいように思えますが、領収証は「发票(ファーピャオ)」、レシートは「小票(シャオピャオ)」と明確に区別されています。

中国では依然税務関係の証明として「发票」が強いし、普通に購入した商品が損傷などした場合の証明にも「发票」が欠かせません。

「小票」は、ただ単純にその場で金銭を取り交わしたという証明くらいにしか活用されていません。

一方で、淘宝網などで日本の商品を売っていると、結構な確率で、

「可以給小票吗?(レシートくれる?)」

と聞かれます。

なぜ、そんなことを言ってくるのでしょう。

日本の商品を日本で発送しているのに信用していないのでしょうか。

私の見解としては、その通りで信用していないのだと思います。

だって、中国で生活する中で、他人をハナから信用していないのですから、友達でもない人のことを信用するわけはないのです。

中国人がよく購入している日本メーカーのおむつ・ミルク・化粧品も、販売側が日本で仕入れて発送していると見せかけて、実は中国国内の闇工場で生産したニセモノ(劣悪品)を掴まされるとも限りません。

日本の領収証のほうだと、実際何を買ったのかよく分からないので、より多くの情報が書かれているレシートを求めるのでしょう。

TB1X1k4GpXXXXcDXpXXXXXXXXXX_!!0-item_pic.jpg_400x400

店舗でも、「東京から(EMSで)直送、レシートつけます」という感じで表示しているところがあります。

でも、私はレシートは一切提供しないと切り捨てています

こういった背景があるので、私のところにも「レシートくれる?」という問い合わせが来ます。

私はその返答として、

「レシートは一切提供しません」

と言い切っています。

その結果、私の店から買うつもりだったのに、この一言で購入を断念して違う店へ行く人もいるでしょう。

それは仕方がありません。

どうして?と聞かれたら、私は必ずこう答えています。

「私は日本で正規に登記している個人事業主(中国語で個体工商戸)です。営業で得た利益は税務署に申告しなければいけませんので、レシートは出しません」

さすがにここまで言い切ってしまったら、それ以上は言ってきません。

私は遊びで代購やっているわけでもなく、副業でもなく現時点では本業です。

副業だとしても、年間20万円を超える所得があれば、申告しなければいけません。

結局、レシートが自身の営業成績の証明であり、それを渡すわけにはいきません。

別の店舗で積極的にレシートを出しているとなると、間違いなく税金を払っていないでしょう。

日本の所得税法では、外国人に対する所得税の課税範囲を、

  • 日本に住所があるかどうか
  • 日本国籍があるかどうか
  • 日本国内に住所のある期間

で判断しています。

淘宝網だと人民元で決済する関係上、利益を得た人民元を必ずしも全額日本円で替えているとは限らないので、いろいろグレーなところがありますが、永住者・日本人の配偶者などの長期居留資格を持っていない人はどんどん取り締まって欲しいですね。

そういった面は抜きにしても、たいていの仕入れは1点1点買うことが少なく、複数点まとめて購入した上のレシートで、専門にレシートを切るのが非常に面倒な点。

最後に私のようなまだまだ弱小の販売者だと、仕入れた金額をみすみす誰かにバラしたくないというのもありますね(笑)

今や、ちょっと工夫すれば中国人みなが「日本代購」を営んでも不思議ない状況。

わざわざ「敵」に情報を漏らすのは意味のないことです。

LINEで送る
Pocket

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする