中国においての銀行キャッシュカードの作り方

LINEで送る
Pocket

2015年、中国に通算4回出向きました。

そのうち1回だけ家族同行で行ったのですが、ほかの3回は単身渡航。

3回のうちの2回は上海に行きました。

10月末とつい最近、先週末の土日2日間で上海行っていました。

この2回とも、何やっていたのかというと銀行キャッシュカード作っていました。

なぜ、わざわざ旅費やら宿泊費かけてそんなことをしていたかというと、2015年の10月からこんな制限がかかりました。

中国、海外での現金引き出し制限へ 上限年間10万元=関係筋 (ロイター)

10月1日から今年の年末までの3ヶ月間を1枚5万元(約95万円)、以降年間で10万元の引き出し制限になりました。

実際に今年分は5万元を超過したところで、ATMで限度額いっぱいですという表示が出ましたので、そのような政策に転換しました。

しかし、抜け穴があって、あくまでキャッシュカード1枚あたりの制限

現状は個人でたくさんキャッシュカードを作ればマネーロンダリングでもなんでもやっていいわけですね。

ということで、10月末に5枚・そしてこの年末に10枚作ってきました。

もともと中国に住んでいた時に使っていた2枚を含めて合計17枚、ということは年間170万元(約3200万円)引き出せるわけですね(笑)

3200万円も使う用事あるはずない、何をそんなに使うんだ?と思うかもしれませんが、先の投稿でも述べたように淘宝網(タオバオ)で販売するためには最低これくらいの資金が必要なんですよね・・・。

ということで私の経験をもとに、これから中国のキャッシュカードを作りたい人のために簡単ですが、作り方を紹介します。

中国の携帯電話番号が絶対に必要

この2回の渡航で、開設を断られた銀行も含めて20数箇所へ行きましたが、もれなく中国の携帯電話番号は何番かを聞かれました。

実際に電話番号へ銀行の人が電話して着信するかを確認したり、認証番号をショートメールで送ってくるので、中国の携帯電話番号は絶対に必要です。

中国の携帯電話番号は依然として路上でもプリペイドを買うことができますが、できるだけ月間の維持費が安いプランでちゃんと自身の名義で契約して保持しておくほうがいいですね。

私は中国聯通の186からはじまる番号を2つ持っています。

維持費は2枚で月間16元(約300円)。

中国で売られているほとんどの携帯電話はSIMカード2枚挿しが多いので便利です。

(なぜ2枚持つのかについてはツッコミはなしで)

磁気カードが作れるかの確認が必要

cf: 【注意】新しい銀聯ICカードは日本のATMやPOSで使えない?  (C-STUDY)

2014年10月頃から、中国の政策として従来の磁気カードを廃止してICカードに置き換えていこうという流れになっていますが、中国のICカードは独自規格のため、日本のATMではそのまま使えません。

そのため、磁気ICカード(磁気とICが両方あるカード)が発行できるかを確認することが必要です。

既に一部の銀行の支店では、ICカードしか発行していないところもあります。

中国国内でお金をやり取りするだけなら問題ありませんが、日本で引き出すなら磁気の有無を確認しましょう。

住所はデタラメでもいい

申込書に住所書く欄があり、上海の銀行だと「上海の住所はどこですか?」と聞かれましたが、私は上海に住んでいないので住所がありません。

そこででまかせで、一応実在している住所と番地を書きました。

「上海市徐汇区○○路1028号」

実は、途中から間違って覚えていて、○○のところが実在しない場所に塗り替わっていましたが、誰も突っ込んできた人はいませんでした。

どうせ、銀行から何も送付物もない(今や新たに通帳を送る銀行なんてないし、基本カードと必要あればネットバンク用のUSBスティックなどがあればいいし、作るなら窓口で申請して受け取る)のでどうでもいいんです。

同じ銀行で2枚カード作ろうとするのはあまり期待しないほうがいい

実は同じ銀行で1つの名義で合計2枚作れた銀行がありましたが、原則としては1つの銀行でキャッシュカードは1枚のみ。

どうしても新たに作りたい場合はゴールドカードなどある程度の預金を求められる商品になってしまうので、そういう目的がなければ意味がないでしょう。

ところで、こんな投稿して誰に需要があるの?

知らんですよ(笑)

私の体験をシェアするだけですから、私と同じようなことを考えている誰かの参考になればラッキーでしょ。

LINEで送る
Pocket

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ひろゆき より:

    中国の銀行口座開設の記事を読ませて頂きました。
    先日、杭州銀行の上海分行にて無事に開設ができました。
    私の場合は自然な流れで磁気+ICカードにしてくれました。
    本人確認また今後のために中国国内電話番号は必須かと思います。
    この度は大変ありがとうございました。

    • masuyama より:

      コメントありがとうございました。
      私も杭州銀行の上海分行の口座持っていますよ。
      中国国内電話番号は必須です。