アップルの中国代理生産工場がストライキ。「中秋節ボーナス」がなかったため

LINEで送る
Pocket

中国・江蘇省のニュース新聞メディア・揚子晩報の微博によると、2014年9月9日朝に東莞東城万士達液晶显示器有限公司でストライキが発生した。

同社は、アップル社の中国代理生産工場の1つで、液晶タブレットのディスプレイ販売シェアでは世界ナンバーワンを誇っている。

dgst原因は、比較的単純なことで、中秋節(9月8日)になっても月餅を配らず、1人600元(約1万円)の祝日ボーナスも支給停止した為。

ストライキは朝9時から2時間ほど続いた。

他のメディアでもこの様子を微博でつぶやいていたが、一部メディアは投稿を削除している。

なお、アップルの生産方面への影響は不明。

LINEで送る
Pocket

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする