中国最大のレンタカー会社・神州租車が9月19日に香港で上場見込み

LINEで送る
Pocket

中国最大規模を誇るレンタカー会社である神州租車(CAR Inc.)は香港においての新規株式公開(IPO)の注文を受け付け、現時点では4億6800万USドル(約493億円)の資金調達に成功。2014年9月19日に香港にて上場する見込みであることが明らかになった。

carinc財務資料によると、同社の2011~2013年の総収入はそれぞれ8.19億元、16.09億元、27.02億元に対し、収支は3年連続マイナスでそれぞれ-1.51億元、-1.32億元、-2.23億元だった。

しかし、2014年上半期(1~6月)は営業収入で18.62億元を得て、2.18億元のプラスを計上している。

7月末、神州は英語社名をChina Auto Rental Inc.から現在のCAR Inc.に変更。中国国内の限らず広い範囲から投資を募っていく狙いと言えよう。

神州の業務領域は従来のレンタカー業務に留まらず、カーシェア・中古車販売・カーリース・カーメンテナンスなどの領域まで広がっている。

6月末時点で中国全土の70都市に717の直営店を持ち、52,498台を保有している。

現代の中国は明らかな車社会で、更なる成長が期待される。

LINEで送る
Pocket

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする