中国の農村戸籍は本当に不利なのか

LINEで送る
Pocket

中国政府は、今まで中国において都市部と農村部を厳密に隔ててきた戸籍(戸口)制度を、2020年までに統一する改革方針を発表したことが報道されている。

都市戸籍と農村戸籍を「格差」と呼ぶ人がとても多いが、本当にそうなのか。

そして、私増山の妻は中国人で農村戸籍、いわゆる「都市」の大連市内で生まれた私の子どもたちは日本の国籍・戸籍は別として、都市戸籍が選べる状況であるにも関わらず、農村戸籍を敢えて選んでいる

それはなぜなのか、農村戸籍は本当に不利なのかを考えていくとする。

中国の農村まず、「格差」と呼ばれている農村戸籍の不利とは何なのか。

中華人民共和国が成立した1949年以降、人々は生まれた時点で都市戸籍と農村戸籍に分かれてきた。

1998年に法改正されるまでは、母親の戸籍が都市戸籍か農村戸籍かで子供の戸籍が自動的に振り分けられていた。

農村戸籍は農耕用の土地は国から分配されるという利点はあったが、それ以外は以前は不利益でしかなく。都市のような社会保障・生活保障制度がなく、医療保険も年金もなし。更に農業税も納めなければならずで、細々とした農業だけでは経済的に食べていけないという実態は確かに存在していた。

そんな状況を打破したくとも移動の自由もなく、出稼ぎ労働者は自分たちは都市に何とか潜り込めても、子供を都市には連れていけない(都市の学校に入学できない)ので、農村の学校へ送るしかなかった。

運命を大逆転させるとすれば都市の大学に合格すればもらえる都市戸籍が頼みの綱なんてこともあった。

一般的に、都市戸籍と農村戸籍を「格差」と呼んでいる人は、こういった古い情報が一部アップデートされていないから、そう思い込んでしまうのだろう。

ところで、私は中国人の妻との間に、双子がいるということは以前投稿したが、

その子どもたちは、妻と同じ農村戸籍(しかも非農業・農村戸籍ではなく、農業・農村戸籍)を敢えて選んでいる。

farmregister愚かな選択だと思うだろう。

しかし、子どもたちを農村戸籍にしたのは、私の考え・妻の考えが一致して、農村戸籍のほうがメリットが大きいと考えたからである。

農村戸籍のメリットは、

農耕地が国から分配されること

これはかなり大きい。事実、2013年調査では74%が都市に移住しても、農村戸籍を放棄したくないという結果が出ているが、その大きな要因がコレであろう。当たり前だが都市戸籍では絶対にないことである。

以前はこの管理に帳簿しかなく、何の証書もなかったが、現在では証書が発行されるようになったので、農地使用権証書を使っての個人取引の土地売買も可能になっている。

農業従事の場合の補助金もあり、作物にもよるが1ムー(15分の1ヘクタール)あたり15~40元程度が得られる。

その他、メリットとして、

  • 農村に建てた家の土地使用権は無期限 → 都市部の住宅の場合、最長70年(政府が土地を強制収用した場合、農民1人あたり日本円で数百万円以上の補償金が得られる)
  • 新型農村社会養老保険(新農保)の存在で、養老金(15年の加入、男性45歳・女性40歳に加入して15年後)がもらえる(保険料は本人3分の1、政府3分の1、村3分の1) → 都市部の無職は微額の基礎養老金だけはもらえるが、民間の養老保険を買っていないと保障はない
  • 医療費は農村医院の場合個人負担は30%、都市においても70%負担で済む(実際子どもたちが生まれる時の医療費は都市の大病院で70%負担) → 都市部は100%負担

などである。

正直、政府が誘導してくれなくとも、都市戸籍はいつでも変えることができる。

しかし、今や大して格差がなくなっていて、むしろメリットすらある農村戸籍に、都市戸籍の人間が入りたがっても、ほぼ無理である。

(賄賂とか使えば、例外的にできるのかもしれないが)

どのみち、中国政府が都市戸籍へ移行を推進しても、1人の農村戸籍人口あたり10万元のコストがかかると言われている。まずは1億人を移行させるよう目指すというが、それだけでも10兆元(約165兆円)かかる計算である。

その決意とは裏腹に、実際戸籍を統一させること自体、簡単なことではないのだが。

もし、戸籍を統一させるにしても、農村戸籍の福利は残してもらわないと、農村戸籍の人は納得しないと思う。

だって、実は都市戸籍よりオイシイんだから。

LINEで送る
Pocket

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ガク より:

    ここまで深く考えたことがなかったので、なるほどーと納得できました。

    このメリットがあるのであれば、農村戸籍の方が断然良いですね(特に我々のような立場だと)

    農村に行くと敷地内に3階建ての立派な家が建っているのは
    そういうことに起因しているんですねぇ
    (金を儲ける努力をしたのは当然ですが)

  2. kenzo より:

    昔は土地の価値が0に近くなりましたが地権が高くなって農村戸籍に経済的なメリットも出てきましたね。
    別件ですが私がしている懸念は将来日本国籍を選択した場合 多くの権利は没収されてしまうのでは?
    農地の分配を受ける権利も何歳の時か確認が必要ですね?
    実際私の家内(大連都市戸籍)は国籍変更は意図していませんが他国の永住権や市民権を取得するだけで現在払い込んでいる年金は受け取れなくなると聞いて憤慨していました。